インドをもっと知ろう!

English

 News from India

Home

サニアがセレナと対決
2005.1.20(木) Rediff.com

オーストラリアのメルボルンで開催中のグランドスラム・テニスイベントで19日、サニア・ミルザ(Sania Mirza)がインド人女性として初めて第3ラウンド入りし、元世界ナンバーワンのセレナ・ウィリアムズ(Serena Williams)と夢の対決を果たす。

この試合に勝利すれば、サニアはWTA66ポイントを獲得、また世界トップ130位以内入りすることになる。

ちなみに、1998年にオーストラリア・オープンで第2ラウンド入りしたニルパナ・サンジェーヴが、インド人女性としてはこれまでの最高。

実際、リーンダー・パエス(Leander Paes)が32のラウンド入りを果たしたのはUSオープンでのことだったと考えると、グランドスラムでインド人がここまで健闘するのは、史上初である。

サニアは18歳で、ハイダラバード出身。
試合模様は「静かにエラーを待ち」、このティーンエイジャーはこれまで、凡ミスをわずか13に抑えている。

第1セット、第2セットと確実なプレーが印象的だ。
明日、インドテニス界を賭けた戦いの火蓋が切って落とされる。

*********************
明日の試合は、見逃せません。休日だったらよかったのに。

追記:残念ながら、サニアさんは負けてしまいました(1月21日)


Copyrights  © 2001-2004,ASKSiddhi.com, All rights reserved.