インドをもっと知ろう!

English

 News from India

Home

アチェ州に兵士250人派遣
2005.1.13(木) The Jakarta Post

NEW DELHI: 
自国でも膨大な被害を出したインドは、インドネシアに救援物資の供給と医療チームの派遣をすることになっている。
在ジャカルタインド大使館当局が明らかにした。

同大使館の国防担当大使館員、K.J.チャウダリー部長が発表したところによれば、インドはこれまでにスリランカ、モルディブ、インドネシア、タイに2500万ドルあまりの拠出を行なった。

「インドネシアに関しては、アチェ軍ムーラボへ医療援助と非常事態救援活動のため、軍艦2基を送った」と、チャウダリー部長は現地紙ジャカルタ・ポストに12日、公表した。

また、さらに250人の兵士および医療チームをアチェに配備することになっている。

今月5日から、ムーラボに停泊している2基の軍艦にはテント、毛布、衣類、食糧、医薬品などが積まれているほか、海上に浮かぶ病院にもなる。
ベッド数は45、集中治療室が3室あり、外科医4人、麻酔医1人ほか医師はじめ医療チーム数名が待機し、1日平均200人の治療に当たっている。

またムーラボ地域の被災者に援助物資35トンの供給も行なっている。

*********************
インドが他国からの援助を断っている理由には、様々な思惑があるのかもしれません。しかし他国への援助について、今回もっとも早く動いた国の1つはインドでした。


Copyrights  © 2001-2004,ASKSiddhi.com, All rights reserved.