インドをもっと知ろう!

English

 Life In India

Home

ワダパオ1個

1999年のこと。
25歳の若者スーラジは、故郷の小さな田舎町を出て、プネに来たばかり。

常に以前よりもビッグでありたい、が口癖の彼は、新天地で仕事を求めて毎日奮闘していた。
当時の収入は両親からの仕送り毎月3000ルピーだけ。
お金に困った時は友達や、下宿しているおかみさんに言えば貸してくれるかもしれない。
だがプライドの高いスーラジは絶対にそれはできなかった。

朝10時からネットカフェ・マネージャーの採用面接を予定していたその日は、ことのほか財布が寒く、次の仕送りまであと1週間あるのに、たった30ルピーしか持っていなかった。
面接先に向うため朝バイクに給油して25ルピー、バイクの駐輪代に2ルピーかかるとして、お腹の空いたスーラジは、残るたったの3ルピーで食べられるものとして、いつも行くワダパオ(*プネの屋台参照)屋へと向かった。

たくさんの人が群がる朝食タイムの「ジョーシー・ワダパオ」に着いてみると、店頭にたった今看板が掲げられたところだった。
「油、原料の値上げにつき、ワダパオ値上げ。1個3ルピー50パイサ」

スーラジは空を見上げながら、思った。
「俺はワダパオも買えないほどの男なのか・・・」

ふっと視線を横に移すと、ジョーシーワダパオ・ライバル店の「バールティ・ワダパオ」、客の数は雲泥の差で、スーラジだっていつもは見向きもしない。

しかし今日は違った。
一度は望みを失った瞳に、競争店の掲げる希望のメッセージが。
「ワダパオ・いつもと変わらず3ルピー」

心の底から神様にお礼を言い、握り締めた3ルピーを差し出したスーラジに、バールティ・ワラーはこれまた心から感謝を込めて、ワダパオを差し出した。

スーラジにとって、この1個のワダパオは忘れられない思い出の味となった。
ちなみに現在もプネに住む彼、もちろんいつもはジョーシーワダパオに行っている。


*このワダパオ2店はプネJangli Maharajロード近く、Bal Gandharvシアター向かいにあります。
*わたし個人の意見としては、バールティワダパオも悪くありません。


Copyrights  © 2001-2003,ASKSiddhi.com, All rights reserved.