インドをもっと知ろう!

English

 Life In India

Home

ミルク

ミルクといえば、日本では牛乳だが、インドではバッファロー乳がよく飲まれている。
全乳100g中の平均脂肪量が牛乳4.0gに対し、バッファロー乳は2倍以上の8.8gも含まれる。
チャイにすれば、こってりとしたミルクティーになる。


チッタレミルク


実はわたしは苦手で、いつも脂肪の部分をある程度取り除いてから飲む。
しかしこの純バッファロー乳だからこそ、食卓に欠かせないギィーを自宅で作ることができるのだ。
インドのアイスクリームがおいしい秘密も、おそらくこの濃厚ミルクにあるであろう。

毎朝配達される市販のチッタレ(Chitale)という会社のミルクは500ml入りで10ルピー、ビニールのパックに入ってくる。
冷たくておいしそうだけど、そのまま飲むことはまずしない。
ハサミで角を切って鍋に移し、必ず一度沸騰させてから使う。
そうすると、クリーム部分がたっぷり浮いてくるので、普通はこれを取り除いてつぼに貯め、ある程度貯まったらギィー作りをする。
または、こってり好きさんのティーカップに入れてあげる。

我が家には冷蔵庫がないので、朝、昼、晩の3回沸騰させる必要がある。
でないとたちまちヨーグルトになってしまうだろう。


Copyrights  © 2001-2003,ASKSiddhi.com, All rights reserved.