インドをもっと知ろう!

English

 News from India

Home

インド映画がオスカー賞
2005.2.28(月) INDIATIMES NEWS NETWORK

「Born into Brothels」、コルカタの歓楽街の風俗関係者の人生とその体験を綴ったドキュメンタリー映画が、本日開催されているオスカー賞授賞式で、長編ドキュメンタリー映画賞に選ばれた。

受賞を受けて、ロス・カウフマン(Ross Kauffman)氏と共同で製作と監督を担当したザナ・ブリスキ(Zana Briski)氏は、
「子供たちに感謝している。コルカタで(この授賞式を)見てるだろう」
とのメッセージを与えた。

この映画は、カルカッタ(コルカタ)の風俗地帯として悪評の高いソナグチ地区に住み、風俗業に従事する子供たちと二人の映画製作者の関係構築を描いている。

1998年から、イギリス人写真家ブリスキ氏は4回カルカッタの売春宿に足を運び、インドの風俗関係者の生活についてのドキュメントを切り取ってきた。

ソナグチでの風俗業の実態を記録するうち、そこに住む子供たちと親しくなり、自分たちの住む世界を写真に収めてもらうため、カメラを与えた。

子供たちに受け入れられた彼女は、ソナグチではどこでも子供たちに囲まれ底なしの質問攻めに遭ってきた。

ブリスキ氏は10台のカメラを子供たちに買い与え、特に興味のある子供に対しカメラの基本的な操作法を教授、自らの住む世界を思うままに撮影させた。

*********************
「彼らの世界」とは、暗く憂鬱なものばかりではなさそうです。



Copyrights  © 2001-2005,ASKSiddhi.com, All rights reserved.