Home - News from India

インドをもっと知ろう!

首相ご立腹、マナーはどこへ行った?
2006.6.27(火) Rediff.com

日夜繰り広げられる道路のカオスに目を覆い、道路インフラの整備と自動車所有世帯の増加だけが発展の指標ではなく、これに道路マナーと規律が伴わなければ意味がない、マンモーハン・スィン首相は一喝した。

24日、バンガロールで行われたハイウェイプロジェクトの着工式に出席したスィン首相、
「広く整った道路に高級車が次々と走っているからといって、豊かな国であるとは言えない。お互いに譲り合い、気を遣い、尊重しあう気持ちがないと、より良い道路事情はありえず、さらなる経済発展は望めないのではないか」と問いかけ、歩行者に道を譲る、追い越すときの基本的なルールを守る、クラクションはむやみに鳴らさないなどの道路マナーを、人々は守るべきだと主張した。

「誇り高きインド人の皆さん、家庭では家族や友人を大層手厚く尊重されていることでしょう。なのに一歩外へ出ると、それらはどこへやら、やりたい放題になってしまう方が多い。どうしてそうなってしまうのか」
やや強い調子で、スィン首相は訴えた。

*********************
う〜ん、ごもっともな意見。日本の教習所のように、免許を取るための条件や試験を厳しくし、徹底的に道路マナーを叩き込むなど、制度の整備が必要ですね。

Copyrights  © 2001-2005,ASKSiddhi.com, All rights reserved.