Home - News from India

インドをもっと知ろう!

インド陸軍、春にシアチェン氷河のクリーン作戦
2007年2月23日(金) India Defence News

数十年間パキスタン軍との交戦舞台だった世界最高地の戦場、ヒマラヤ山中のシアチェン氷河周辺のクリーンアップ作戦が、インド陸軍の主導で始まった。

「クリーンなシアチェン、グリーンなシアチェン」と題目された同作戦では、食品容器、人間の排泄物、殻の弾薬、使用済みパラシュートまでも含む大量のゴミという「敵」と戦う。

国境線にある同地帯は、1980年代より緊張が続いてきた。
インド陸軍スポークスマンのアニル・マトゥール(Anil Mathur)陸軍大佐によれば、およそ4000〜5000名もの兵士が送り込まれ、生分解性、非生分解性のゴミを収集、空軍ヘリでそれらを運搬していく。

全長80キロあまりの氷河は標高7000〜8000メートルにあり、気温がマイナス70度にまで下がる凍て付く土地で、この20年間で数千人の兵士が、敵の砲弾よりも、高山病や凍傷によって命を落とした。

*********************
2001年のインド国会襲撃事件により再び緊張が高まった印パのカルギル(Kargil)戦の際、再びこの地は戦場になったようです。


Copyrights  © 2001-2005,ASKSiddhi.com, All rights reserved.