Home - News from India

インドをもっと知ろう!

ヒュンダイは商用1トントラックの販売を計画
2006.6.20(火) Press Trust of India

New Delhi:
ヒュンダイ自動車(Hyundai Motor India)は16日、インドのミニトラックセグメントへの加熱する需要に注目し、商用1トントラック「Porter」の本格的展開を検討していると発表した。

「Porter」は既に世界各国へと展開を行っている同社だが、国産メーカーのタタ自動車(Tata Motors)のミニトラック、「Ace」への大きな反響と需要への手応えを見て、インドへの進出を決めた。

タタの成功は、二輪車大手バジャージ(Bajaj Auto)も商用1トントラックの製品開発へ乗り出すほど、乗用車セグメントに影響を与えている。

ヒュンダイ・インド代表取締役で最高経営責任者のHeung Soo Lheemは、「当社は品質に自信を持っているが、価格の決定は非常に重要なネックとなっている。」と明かす。
しかしこの問題をクリアするためにも、インドでの展開が決まり次第、製造設備は当然国内に設置していく方針である。

Lheem氏は、健全に続く経済成長と、中小企業始めとする会社経営者の増加などをてこに、1トントラックへの需要は今後急激に伸びる可能性があると希望を持っている。

*********************
早い決断、早い展開で成功を収めているヒュンダイに見えます。
参考ニュースは、こちらからご覧下さい −

トヨタ、インドで20パーセントの売上上昇を目標

Copyrights  © 2001-2005,ASKSiddhi.com, All rights reserved.