Home - News from India

インドをもっと知ろう!

Aircelが「おしゃべりSMS」サービスをスタート
2006.4.18(火) Press Trust of India

タミル・ナードゥ州の携帯電話オペレーター、Aircelが14日、付加価値サービスの一環として、「Talking SMS」(おしゃべりSMS)サービスを同州内限定で導入した。
またこのサービスの契約者はSMSコミュニケーションに、文字以外で「自分色」を反映することもできると、Aircel広報はPRする。

このサービスを利用するにはまず、545へダイアルし、SMSを送りたい相手の電話番号を入力、その後メッセージを吹き込めば良いだけ。
吹き込まれたメッセージはテキストとなって送信されるが、英語以外にも認識が可能。
もちろんSMSと同様、メッセージは編集でき、確認された後送信される仕組み。
メッセージを受けた側は、通話料無料の535へダイアルし、「おしゃべりSMS」を受信できる。

SMSをキーでタイプするわずらわしさからユーザーを開放する、このユニークなサービスは、今月30日まで無料で試用できる。

Aircelはタミル・ナードゥ州のほか、現在西ベンガル、オリッサ、アッサム、ジャンムー&カシミール州でサービスを展開しており、2006年末までにさらに10州への拡大を計画している。

*********************
始め「Airtel」の間違いかと思いました。
Aircel社HPでもまだ紹介されておらず、実際のところを試してみないと正確なことは書けず残念です。
それよりも、知らないうちに色々なオペレーターが参入しているようで、今後は日本よりも激しい競争がインド携帯電話業界に繰り広げられるかもしれません。

Copyrights  © 2001-2005,ASKSiddhi.com, All rights reserved.