Home - News from India

インドをもっと知ろう!


PSLV-C7全4基が無事軌道上に
2007年1月10日 Rediff.com

10日、PSLV(極軌道衛星打ち上げ用ロケット)が10基目の衛星を無事軌道に乗せることに成功し、インドの宇宙技術にもうひとつの大きな業績を刻んだ。
今回使用されたPSLV-C7は午前9時24分、アーンドラ・プラデーシュ州シュリハリコタ(Shriharikota)のサティーシュ・ダーワン(Satish Dhawan)宇宙センターより、衛星を宇宙へと打ち上げた。

今回の打ち上げ成功は、GSLV-DO2が打ち上げから65秒後に破裂した半年前の苦い経験を挽回することになった。
PSLV C-7が積載した衛星は4基で、680キロの観測衛星CARTOSAT-2と550キロの回収カプセル型衛星(Space Capsule Recovery Experiment)が国内から、インドネシアのLAPAN-TUBSATとアルゼンチンの6キロのナノ衛星(PEHUENSAT-1)を代行して打ち上げた。



PSLV-C7

CARTOSAT-2は一連の資源探査衛星において12番目のものであり、解像度1メガトンの最先端パンクロマチックカメラと、64ギガバイトの記憶容量を誇るソリッドステートレコーダーを搭載している。

この衛星から取得した地図作成情報をもとに土地情報システムと地理情報システムのほか、都市と農村のインフラ開発状況とその管理も行っていく。

CARTOSAT-2は、極上空635キロメートルの太陽同期軌道に乗った。
ヴィクラム・サラバーイ(Vikram Sarabhai)宇宙センターとISRO衛星センターの共同プロジェクトで開発されたSRE-1は、微小重力条件下においてプラットフォームを軌道に乗せる技術の実験を行い、成功すれば回収を行う。

SRE-1の成功は、インドが衛星再突入テクノロジーを保有する数少ない国のひとつであることを世界に示した。プロジェクトを遂行するスペースフライトは13〜30日間軌道に留まったのち、ベンガル湾に着水すると予想される。
また、再利用できる打ち上げ機を対象とした基本的な技術のほか、再突入段階でのナビゲーションと指示、制御、断熱システムのための超音速熱空気力学、減速法及び浮遊法による回収などへ重要な技術も提供する。

インドネシアのLAPAN-TUBSATは地球観測衛星で、システム制御用のデモンストレートを行う。LAPAN-TUBSATには5メガトンから200メガトンの地上解像度を持つ電荷結合素子(CCD)カメラを搭載し、
メッセージの保存と転送に関する実験も予定されている。
アルゼンチンのナノ衛星PEHUENSAT-1は、教育、技術、科学各分野での開拓に貢献し、その後のより複雑なミッションを設計するための経験を積むことを意図している。

*********************
インドの夢へ、「リフトオフ」!!

Translated by: Sayali-san from ShimBi Labs


Copyrights  © 2001-2005,ASKSiddhi.com, All rights reserved.