Home - News from India

インドをもっと知ろう!

中等学校で職業指向教育がスタート
2006年12月7日(木) Press Trust of India

Bhubaneswar:
中等教育委員会(Central Board of Secondary Education:CBSE)は、実務に必要とされる職業知識を修得するためのカリキュラムを、中等教育へ段階的に導入していくと、同委員長アショーク・ガングリー(Ashok Ganguly)氏が2日、発表した。

職業能力教育、または職業指向教育と呼ばれるこのコースは、CBSEと提携する各学校の教育方針に基づき順次策定される、とガングリー氏。

教科は、医療保健や服飾、テクノロジーやコールセンターなどのBPO業務、金融管理まで多岐に渡る。
「様々な識者と対話して、シラバスの制定に取り組んでいる」とし、さらには学生たちが学んだ知識をインターンで確認できるような環境も整えていく。

カリキュラムの修了証書は、CBSEと各業界担当者により合同で評価されたのち、発行される。

この職業教育コースは、1年のうち広く2つのセメスターに分割される。
2年目には、文芸、ジェンダー、メディア、ビジュアルアート、グラフィックス、伝統技巧などの新規教科が追加される。

これらの教科は選択科目制とし、今年度から開始して3年をかけてじっくりと学習される。

*********************
わたしも学生になりたい。


Copyrights  © 2001-2005,ASKSiddhi.com, All rights reserved.