English

 Festivals

Home

Tulsi che Lagna ―― トゥルシー木とクリシュナ神の結婚式
2003.November

マハーラシュトラ州の小さなお祭り。
毎年ディワリが終わって2週間ほど後に祝います。

トゥルシーの木を花嫁、クリシュナ神を花婿に見たて、近所の人は集まって本物の結婚式さながらに結婚のお祝いをします。
 
どんなに忙しくても、招待されればこの結婚式に参加しなければなりません。

トゥルシーは、アーユルベーダでとても重要な薬をもたらすとされている木です。
その葉からとれる成分が、さまざまな病気を防ぎ、また治療に役立ちます。
どこの家にも必ず1本はこの木が植えてあり、人々は守り神として大切にします。


トゥルシーの木

一方クリシュナ神は、とても人気のある神様。
トゥルシーはお母さん、クリシュナ神はお父さんとして、わたしたちを守ってくれていると信じています。
お母さん、お父さんの結婚式をすることで、すべてのよい出来事が始まるという意味で、このお祭りは祝われます。

このお祭りの後、インドでは結婚式シーズンを迎えます。


Copyrights  © 2001-2003,ASKSiddhi.com, All rights reserved.